読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銘輪録

ADHD持ちの40代の思いの丈発散ブログ

2017年3月27日稀勢の里の事とか

大相撲三月場所。13日目、全勝をひた走っていた横綱稀勢の里は同じく横綱日馬富士との取り組みに臨んだ。日馬富士は既に優勝戦線から脱落し、新横綱稀勢の里が全勝を守るかどうかに関心は高まっていた。全勝の稀勢の里と優勝争いをしていたのは大関照ノ富士で、日馬富士の弟弟子であった。兄弟子の立場から当然「援護射撃」をしてやるという気持ちもあったと推測できた。立会い。日馬富士は自身「最高の立会いだった」と自画自賛したとおり真正面から素早く稀勢の里に当たり、稀勢の里はその勢いを止めることもできず一気に土俵の外へと出されてしまった。黒星がついた、というだけであったらまだよかった。しかし、黒星以上にショッキングな事態へと発展し、「嘘…」と絶望的な気分になったのは、土俵の外から下に落ち、起き上がった稀勢の里のが顔を歪めながら右手で左手を抑えている映像が映し出されてしまったからだ。なかなか起き上がれずとにかく痛そうな顔。NHK総合テレビの実況アナウンサーは「こんな痛そうな顔をする稀勢の里を見たことがありません」と繰り返し言っていた。横綱に上りつめて初めての場所、人が変わったみたいに横綱らしいどっしりとした相撲を見せてくれていた「全勝優勝」という偉業も見えていた時点でのアクシデントなだけに、放送席も会場も「大変なことが起きた」という雰囲気がテレビからでも伝わってきた。後のニュースで稀勢の里は救急車で病院に運ばれたと知り、さらに「休場」のふた文字が頭をよぎった。翌日、14日目。稀勢の里は土俵に立っていた。左肩から上腕にかけてテーピングされている姿は痛々しく、「無理して欲しくない」という気持ちにさせるには十分な出で立ちであった。師匠の田子ノ浦親方はインタビューで「本人が出れるというんだから」と不安そうに記者たちに話をしていた。この日の相手はやはり同じ横綱鶴竜。かれも黒星を重ねていて優勝争いから脱落していた。そんな稀勢の里鶴竜の取り組みの前に会場が騒然となる事態が起こった。稀勢の里と1敗で並んだ大関照ノ富士と今場所大関を陥落した関脇の豪栄道との取り組みだった。9勝していた豪栄道はあとひとつ勝って星を二桁に乗せると大関復帰が叶うという重要な一番であったし、照ノ富士にとっても負けられない取り組みであった。この一番に僕はワクワクしていた。両者がガツっとぶつかり合って勝敗を争う場面を想像していた。たぶん、会場のお客さんもそうだったと思う。「いい相撲が見られる」という期待感。が、照ノ富士は立会いの瞬間右に飛んで変化した。突っかかっていた豪栄道はそのまま土俵の外へと。あっけない終わり。僕は思わず近くに置いてあった箱を蹴ってしまった。大関が関脇の挑戦を真っ向から受け止めない、とにかく勝ちにこだわった相撲に嫌悪感しかなかった。場内のお客さんからはブーイングの嵐だった。1敗を守った照ノ富士を土俵下で見守っていた稀勢の里鶴竜の取り組みもまたあっけなかった。立ち会って両者組み合った瞬間、稀勢の里は力なく寄り切られてしまった。「やっぱりダメか……」と失望感を持つと同時に「休場してほしい」という気持ちは強くなった。しかし、千秋楽、稀勢の里は土俵に立っていた。この日の相手は優勝争いの相手は大関照ノ富士である。土俵入り。稀勢の里はいつも通り出場してきた。左肩のテーピングは昨日よりはその面積が狭くなっていたのを見て「昨日よりはいいのかな?」と思ったものの土俵入りで見せた柏手の音が力なく、NHK総合テレビの解説だった北の富士親方も「小さいね」と心配そうに言っていた。たぶん、優勝は照ノ富士だろうを大方は思っていただろう。「とにかく無事に。大事にいたらないように」と。千秋楽は序二段と十両は優勝決定戦となり、ことさら十両は三つ巴戦となっていて、幕内の取組は30分くらい遅れての開始となった。取組は順調に進み、「これより三役」へ。今場所全勝を並走していた弟弟子の高安も勝ちで終え、いよいよ千秋楽の結びの一番を迎えた。照ノ富士はもはやハンターのような目付きをしていた。昨日の非難の嵐を浴びてまで勝ちにこだわった彼は「勝つこと」しか考えてないような雰囲気があった。立会い。照ノ富士が合わせられなかった。これを見て照ノ富士は前のめりになっていると思った。それよりもその「待った」で稀勢の里は右に変化する姿勢を見せていた。手の内を見せたような具合になってしまったと僕は思った。が、稀勢の里にはそんな事は関係が無かった。仕切り直し。バッとぶつかり合って相撲は忙しい内容になった。僕はとにかく「頑張れ!頑張れ!」と稀勢の里に向けて大声をぶつけた!稀勢の里は自分の身体の使える部分をフルに使って照ノ富士の攻撃に凌ぎ右手でぐいっと下へ照ノ富士を押し込んだ。照ノ富士はあっという間に土俵に叩きつけられた。この瞬間、稀勢の里照ノ富士は12勝2敗で並んだ。優勝決定戦へと勝負は持ち越された。ものすごい相撲を見せてもらったという満足感で自分の身体は満ち満ちていた。稀勢の里に「優勝してほしい」という気持ちと「ここまで頑張ってくれてありがとう。無理しないで」という気持ちが混在していた。そして、優勝決定戦。ここでも立会いが合わなかった。とにかく照ノ富士は「勝ちたい」という気持ちが表に出ていた。一方の横綱は平常心。「今、できる事」を考えているようにも見えた。  立会い、稀勢の里は諸手突きで照ノ富士を突き放して中に入り右手で抱えて小手投げに回転させながら土俵際へ追い込み両者が倒れこみながら稀勢の里が落下に耐えて照ノ富士が先に土俵に落ちて行った。行事はすかさず稀勢の里に軍配を上げた。物言いは付かず稀勢の里の勝利が確定、稀勢の里の優勝が決定した。この信じられない展開に僕はこの上なく興奮した。自然と涙が溢れてきた。たった3日間でこれまでドラマティックな展開があっただろうか?稀勢の里といえばその実力はいつ横綱になってもいい力士だった。でも、ここぞという時になると星を落とし横綱昇進のチャンスを逃し続け、大方は「稀勢の里の精神力の弱さ」の認識を持っていた。そんな彼が横綱になったら、人が変わったように(繰り返し言ってしまうが)いい相撲を取っていた。アクシデントに見舞われても休場せずに「できる事」を考えていた上半身がダメなら下半身を使ってと稀勢の里は戦後のインタビューで答えていた。「横綱」の責任を全うするという気力と応援してくれる人、スタッフ。ひとりでここまで来れたわけではないという気持ちもあったかもしれない。その責任感を表現できるのは土俵上のみであり、結果を残す事なんだと稀勢の里の姿を見て改めて思わされた。表彰式、君が代の合唱の時、稀勢の里は男泣きを見せた。どれだけ苦しかったんだろうと彼の心中を察してまた涙が込み上げてきた。相撲でこんなに感動させてもらった事があっただろうか?春の冷たい雨が降る中、家で一人満足感に浸って夜を過ごした。稀勢の里の勇気に感謝。しっかり治してまたいい相撲を見せてほしい。

 

追記

3月27日放送の読売テレビ制作のテレビ番組「ミヤネ屋」に置いて稀勢の里のお父さんが登場してインタビューに答えていた。宮根さんの稀勢の里の相撲の質問に対してお父さんは実に専門的な受け答えし、スタジオにいた舞の海さんも舌を巻くという場面があった。

2017年3月24日

日々ダラダラ過ごしている。毎週通院しているが、今週、医師に「夜なかなか眠れないし、眠りが浅い」と訴えた所、気分安定剤を増量という処方をしてもらった。あと、睡眠導入剤の飲み方も間違ってたので、飲む時間を決めて飲むようにした。おかげで、睡眠が改善された。ほとんど引きこもり状態で、家の片付けも手を付けていていない。やんなきゃって思ってるんだけどな……インターネットで動画を見ている。おとといは「仁義なき戦い」シリーズを一気見した。ヤクザ同士の喧嘩の話だけど、多分にそのやりとりは政治的でまるで国際関係を見ているような気分になった。センセーショナルなバイオレンスシーンもショッキングだが、人間関係、強大な組織の存在とその代理戦争など実に複雑でその勢力争いの中死んでいく若者たち。そんな切なさと虚しさが残る映画だった。今週は国会で森友学園への国有地払い下げ問題についての話題に注目していた。このニュースの出始めは国会の予算委員会民進党の議員の質問だったと思う。その後ネット上でそのニュースを報じていたのは産経や読売だった。いわゆる保守系のメディアだった点を自分は不審に思った。「安倍おろし」か?とも一瞬思った。問題の森友学園も保守の思想の持ち主の理事長の元、その思想を教育に盛り込み「日本を愛する」人間を育てるのを目標にしている学校法人であった。その払い下げ問題の特徴は理事長と安倍首相の妻である昭恵氏の存在の大きさである。国有地払い下げ、その土地から出た廃棄物の処理費用、そして小学校認可。それらの異例のスピード感がクローズアップされ、その処理の早さに何らかの「大きな力」が働いたのではないかという疑惑がもたれた。事態は瞬く間に大きくなってついには理事長自ら認可申請を取り下げてざるを得ない事態になった。そこから理事長の動きが活発になる。参議院予算委員会の理事らが懸案の小学校の建設予定地を視察が行われた際に、理事長は集まっていたマスコミらの前で「安倍首相からの寄付金も入っている」と発表し、波紋が広がった。さらに「国会に行って話す」とまで発言。翌週の国会、衆参予算委員会の証人喚問が開催されると決定、事態が一気に動き始めた。が、この間懸案についての発言は理事長側からだけであり、昭恵氏、官邸サイドは理事長の発言を全面否定。「どちらかが嘘をついている」という状況になってしまった。この問題、大騒ぎの割にはその核心はよく分からない。昨日、注目の証人喚問は行われ、理事長の発言がまた波紋を広げている。国有地払い下げの問題は確かに小さな問題ではない。どうやらこの件に絡んでの金銭のやりとりがあったようには見受けられない。昭恵氏と理事長の間の寄付金のやりとりも「藪の中」状態で確たる証拠が出ない限りは「よくわからん」状態である。ここに記していることは私の個人的見解なので耳半分で読んでいただきたい。理事長の目立ちすぎる活動、安倍首相の外交政策、特に対露政策への釘さしという目論見があるのであはないだろうか?安倍首相の外交姿勢は日米同盟を基軸はあるとは思うが、トランプ新政権の「保護主義」の傾向に危機感を持っている感じがする。そこでロシアへの歩み寄りを見せる事でアメリカへの揺さぶりをかけるという作戦なんじゃないだろうか?中国は相変わらず信用できない。韓国も政治が安定しない。アメリカも政権が変わって先行きが不透明。そんな情勢の中でロシアとのパイプを太くしておくというのも考えられる。エレルギー面が大きい。地政学にも樺太、北海道、日本海など遠い国ではない。ロシアとの間にあるのは「北方領土」という問題である。これさえクリアできればロシアとの平和条約の締結が実現する。この時、北方領土の処遇の中身について日本の主張をロシアが完全に飲むとは考えにくい。どこかで両国が納得するところに着陸させる形になるだろう。もし、そのような事態になった時に、その譲歩を良しとしない人達が日本の国内にいるだろう。安倍首相は、自ら意思を持って動き始めている。それをここよく思はない人がいる。でも、今、辞めさせる程でもない。とにかく釘をさしておきたい。そんな心理が今回の問題を引き起こしたのではないだろうか?全部、自分の妄想である。4月には東京都議会選挙が実施される。公明党は早々に小池都知事の新政党との連携を決め、自民は苦戦を強いられるだろう。ひょっとしたら日本の政治も流動的になるのかもしれない。東アジア諸国が不安定になっていく。ヨーロッパは既に混沌としつつある。中東もシリア内乱を中心に不安定だ。第二次大戦後の戦勝国主導の国際秩序が本格的に大変動が始まっているのかもしれない。ヨーロッパの弱体化、アメリカの保護主義傾向、中国、ロシアの膨張。エネルギー、水、食料問題。

広告を非表示にする

2017年3月16日水曜日

昨日あたりから花粉症が酷くなってきた。どうやらピークを迎えている。さらに自分はヒノキの方が酷くなるので、だいたい5月くらいまで引きずる。ああ、嫌だ。今年は珍しく早くからアレルギーの薬を貰って服用しているので、そこまで酷くなかったが、先述したように昨日から症状が顕著に出るようになってきた。毎年の事とは言え、さすがに辛い。。。先週の土日はライブとかフリーマケットに参加したりと忙しかった。土曜日は知人の結婚披露パーティだったので楽しい時間を過ごした。フリマもまあまあ売れてお小遣いくらいにはなったし、開催時間の間もいろんな人達とおしゃべりをしていたのであっという間だった。そんな感じだったので週明けの虚脱感がすごい。火曜日は通院日だったので外出して食料の買出しをした。最近は土井善晴先生の料理番組にはまって自分でも料理をするようになった。今までは料理というよりは「ただ焼くだけ」「煮るだけ」みたいな感じだったが、先生の味噌汁の多様性をテレビ番組「おかずのクッキング」で見て考え方ががらっと変わった。「一汁一菜」のすすめを先生がしておられる。ご飯と具だくさんの味噌汁と香の物というシンプルなスタイルならば毎日続けられるというというのが先生の主旨だと思われる。その具だくさんの味噌汁の作り方が白眉だった。普通は出汁をとって具を炊いて味噌を溶いてというのが我々の認識だろう。が、先生の作り方はちょっとの違いがある。このちょっとの違いが出来に大きな違いを産み、「工夫」の面白さを再確認させてくれる。一例としては豚のバラ肉をごま油で炒めてから水を入れて具を入れて沸騰させてから味噌を溶いていれて火を弱める。出汁は豚肉からでる油。これがコクがあっておかずとしての機能を有していてご飯がすすむ。テレビでは他にもオリーブ油を使ってトマトやナスを入れた味噌汁を紹介。さらにトーストをその味噌汁に浸すというんもあったり、唐揚げを入れた味噌汁など驚きのメニューの連続だった。しかも、全然難しくないし、応用もいっぱいできる。ちょっとした工夫が美味しさを出す最大の出汁なのではないかとも思った。youtubeでは週刊プレイボーイのチャンネルにおいて「唐揚げ」や「ハンバーグ」「トンカツ」など男が好きそうなメニューを週プレの若手編集者に土井先生が教えるという特集動画がアップされていて、これも面白かった。教え方もユーモアがあって教え方が実にうまい。そして、何より「これなら誰でもできますでしょ?」というスタイルが貫かれていて俄然、料理欲が沸くのだ。昨日買い物行った時でも自然に「味噌汁の具」を探し始める。そうなると自然に野菜売り場に長居することになる。漠然と食材を買うより方針が決まったほうが面白いという当たり前の事に気がつかされた。躁うつのサイクルが躁状態に入ったと認識して先週から抗うつ剤を排除。そのおかげかフワフワした感じの中、テンションを上げすぎないようにする努力もしなければならない。楽しむときは楽しむ。静かにするときは静かにする。そんな時に「料理」が楽しいという事に気が付けたのはラッキーだった。元々料理することは嫌いではなかったがここ1年(彼女にふられてから)家で揚げ物とかめんどくさくて全くしてなかった。おかげでインスタント食品中心になり、血圧も高めな感じになってた。振り返ってみたら「自暴自棄」になってたのかもしれないなと思ったりした。土井善晴先生の「一汁一菜」のおかげでなんか考え方が変わるきっかけになるような気がする。話は変わる。妹がいきなり引っ越すという話を聞く。しかも来月頭らしい。びっくりして電話で話をした。いろいろ考えての決断ということで「なんとも逞しい妹」なんだと素直に思った。なんかいろいろ動き始めているのかもしれない。自分も今住んでいる家(実家)の事とか動き出さねばならない。やる事はたくさんあるのだ。ぐぐぐ。

広告を非表示にする

気分が高揚してきた!

先週の木曜日くらいからいきなり身体が軽くなった感じになってきて、どうやら躁転したみたい。その翌日、衝動に駆り立てられ予定してなかった外出をしてしまい余計な出費をしてしまったり、夜も寝付けないし、寝てもすぐ目が覚めてしまい、寝ようと思ってもいろんな考えが次から次へと浮かび、それらを今すぐ実行したい気持ちになってさらに寝れなくなったりしてる。そんな感じの時は気を付けてテンションが上がらないようにとにかく冷静に立ち止まって周りを見渡さなければならない。今は家の片付けや決まっている予定の時のために体調を整える事。そんな事を言い聞かせて今日も家の片付けをして過ごした。こういう時の「国会中継」はありがたい。ラジオで流しながら淡々と作業が出来る。音楽とかだと逆にアイデアが浮かんで衝動的になりかねない。国会中継の言葉の応酬を聞いていると、脳の思考が麻痺して作業に集中できる。とはいえ、気分が上がった時の方がやっぱり怖い。幸いイベントなど出演の予定もほとんど入っていないし、行きたいイベントも無い。お金も無いし、大好きな特撮ヒーロー番組をネットで見たりして過ごすつもりだ。ADHDらしく部屋はグチャグチャである。特にかつて自分の部屋だった場所はここ2年まったく手付かずだった。ここ数日その部屋の片付けを始めた。ゴミ袋はあっという間にいっぱいに。いわゆる「断捨離」がしたくて始めたもののこれが難しい。懐かしさを感じる物品をゴミ袋に入れ得るというのは苦痛なんだなと初めて思った。「これは使える」「これは持っておきたい」という気持ちとの戦いは実に厳しい。とはいえ、やらねば新しく人生の再スタートが切れないぞという気持ちも起きて来てとにかく捨てるのだ。f:id:okky0530:20170306223751j:image

ダメダメだ

昨日の昼寝が響いて夜寝れず。お陰で午前0時前に布団に入ってもお目々ぱっちり。眠りに入ったのは3時くらいになったんじゃないかな?で、目覚めたのが午後3時前。。。。国会中継も聞けずに、小池委員の質問の続きとか山本太郎委員の「アッキード事件」などエキセントリックなやりとりなど生で耳にできなかった…………なにをしてんかなと思い返すと現政権の外交に付いて考えていた事をノートにメモ書きしていたのだ。ラジオ流しながら。でご飯食べながら「カルテット」や「東京タラレバ娘」を見たり「サンバルカン」の続きを見たり。ほんとこういう生活二度とできんししたくもない。今はとにかく養生するしかない。寝る!

広告を非表示にする

今日から三月

これといって書く事も無いけど、今日も早く起きてというより3時くらいに目が覚めてそれから寝付けなかった。そのまま朝ごはんを食べた後、自宅の2階の片付けにかかった。これが言葉では言い表せない程の惨状で数時間悪戦苦闘してゴミ袋2袋になっても見た目に変化無し。昼ごはん食べたらどっと

疲れが出てしまい昼から寝る羽目に。焦らずにやっていこう。そんなところかな?今日は。おやすみなさい、地球。

広告を非表示にする

2017年2月28日 通院日

昨晩早く床についたおかげで朝、スッキリ起きる事ができた。午前中、ムーンライダーズの作品群をPCに取り込んでiPhoneで聴けるようにした。そのiPhoneを持って昼から市内の心療内科に行った。この病院に通うようになって1年が過ぎた。去年の末くらいから毎週通っている。診察といってもだいたい気分の事や私生活の悩みとかを話すくらいだ。最初は「ここの病院大丈夫かな?」と少しは思ったが、1年通ってみて、少しずつ気分の波の幅が狭くなって来たように感じて来た。さらに今日は本屋に寄ってADHDの本が安くあったので買ってみた。櫻井公子著「どうして私、片付けられないの? ADHDハッピーマニュアル」という本。手にとってぱらぱらっと目を通して軽い感じがいいなあと思ったので購入した。これを読んでいろいろ取り組みをして行こうとは思うんだけど、つい「完璧」を求めてしまう。「できないのならやらないほうがマシ」と思ったり、「これが出来れば苦労はしないよ」とか思ってしまう。まあ、できそうな所からいろいろ実践していこう。部屋の片付けや整理は焦眉の急でもあるし。就労支援移行事業所の通所まで数ヶ月あるし、その間も取り組まねばならない課題もある。のんびりと行きたいところだが、そうもいってられない。でも、どこから取り組めば良いのやら………f:id:okky0530:20170228220728j:image

広告を非表示にする