銘輪録

ADHD持ちの40代の思いの丈発散ブログ

6月20日近況

自分が住んでいるのは郊外で、これまで学校、仕事場など近場だった。今月になって通いはじめた就労支援移行事業所は市内中心部にあるので、週3日街中へ行く。人生でも初めて。これまでは特別な用事が無いと出ることのなかった好きなお店に「寄り道」出来るのはかなり嬉しい。あと、事業所には似たような障害を持った利用者さんたちがいて、実に個性が豊かで楽しい。自分もそんな個性豊かな人間のひとりな訳だが、みんなそれぞれ自分の道の前へ進もうと取り組んでいるので刺激になる。今日も「就活」の講義を前の席で自分は聞いていたけど、終わってうしろを見ると聞いていた利用者さん2人が似たような格好で寝ていて、思わず笑ってしまった。そんなことがあってもなんか、まあ、いいみたいな空気が事業所内に漂っていて、居心地がいい。これから社会で自立すべくこの事業所に通っているのにそんなんで良いのかと思うかもしれないけど、なんていうか、自分の場合はこれまで自分なりに「人並みに」なるべくやってきて、それで身体壊してどうにもならんようになってしまった訳で。1日もはやく社会復帰、自立せねばはもちろんあるけど、それで失敗してきた。とにかく亀のようにゆっくりな歩みでもいいから「本当にできること。したいこと」をこの場所で見つけたいと思っている。

 

急がば回れ、短期は損気」

 

僕の大好きなドラマ『坂の上の雲』の秋山真之の父の台詞。その後に、

 

「勝ちは肝心な戦さ場までとっとけ!」

 

と真之に諭す。

 

そんなに呑気な事は言っていられないのは認識しているけど、今は焦らず。焦らず。

 

【余談】本業は酒屋さんだけど副業で「立ち飲み屋」をしているお店が街中にある。自分が住んでいる地域は有名なお店で、生ビールの注ぎ方にこだわっている。サーバーも現代のものと、戦前の設計図を基に再現したものとで独特な注ぎ方をしてくれる。1杯500円。ひとり2杯まで。そんなお店に初めて行って、とても心地が良い!

広告を非表示にする